京都のことならドットコム HOME > ショッピング > 芸術・工芸 > アトリエ森繍

ショッピング

アトリエ森繍 【芸術・工芸 】

刺繍の始まりを推測しますと、布と布を接続するときに出来た、×××××
や----------のステッチが装飾として認識されたのではないかそれらが
その後、接続法としての「縫い」として和裁や洋裁に進化し、又 「刺子」に代
表される、保温補強としての「刺し」と、多色を用いて文様を縫い表していく
「繍」(ぬい)として発達してきたように考えます。
刺繍は文様表現としては極めて素朴な技法です。
ゆえに色彩の細やかさや広がり、線と面の自由な表現は、これからも人々の
暮らしの中で日本の伝統文化、伝統工芸として生かされ育まれること
を願っています。
京都市北区上賀茂中大路町11-4
アトリエ森繍
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/morinui/



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト