京都のことならドットコム HOME > 京都のイベント > 1月

京都のイベント

1月

初弘法

年明け最初の弘法大師のご縁日。御影堂では法要が営まれ、境内では名高い弘法市が開催される。陶器や古道具など骨董品を扱う露店が並ぶ。初弘法では干支の置物・カレンダーなど新春の風情を感じさせる商品を販売する店も見掛けられます。弘法市(弘法さん・弘法)は東寺を嵯峨天皇から賜った真言宗の開祖である弘法大師・空海の月命日(ご縁日)に因んで毎月21日に行われています。1年の最初に行われる弘法市は初弘法と言われいます。
日程:2018年1月21日(日)
アクセス:近鉄「東寺駅」から徒歩5分
問い合わせ先:TEL 075-691-3325(東寺)
公式Web:http://www.toji.or.jp

東寺 初弘法

開催日:2017年1月21日 (土)
開催時間:早朝~16:00ごろ

年の初めの弘法さんお店も人もにぎわいをみせます!

宗祖弘法大師の命日に当たり、正月のこの日を“初弘法”といいます。東寺境内一帯で大きな縁日が開かれ、約1200もの露店が軒を並べ、骨董、特産品、植木(園芸)市、陶器、食べ物、衣類、古道具などジャンルも豊富です。懐かしい昔日の思いも交錯し、朝からたくさんの人出で、賑わい、掘り出し物を見つけるのも楽しみです!

時間:早朝~16:00ごろ
アクセス:JR京都駅/近鉄京都線東寺駅/京都駅より市バス16系統「東寺東門前」
問合せ:075-691-3325

2016年 初天神

天神様を祭る天満宮の年明け最初のご縁日で、初天神とよんでいます。境内には1000余りの露店が並び、また、奉納書初め天満書の展示会も開催されます。この日に限り宝物殿の神宝も公開されます。
日程:2016年1月25日(月)
時間:【祭典】9:00~約30分間(本殿)
料金:境内 無料 宝物殿 300円
場所:北野天満宮
所在地:〒602-8386 京都市上京区御前通今小路上る馬喰町
TEL:075-461-0005
FAX:075-461-6556
アクセス:JR「京都駅」からバス「北野天満宮前」下車、徒歩1分
 
北野天満宮
創建:947年(天暦1)
文化財:本殿・石の間・拝殿・楽の間・紙本着色北野天神縁起8巻(国宝)
中門・廻廊・後門・絹本著色舞楽図ほか(国・重要文化財)
御祭神:菅原道真公
例祭:8月4日
ご利益:学業成就・学力向上祈願・入試合格祈願・各種試験合格祈願

備考として・・・
駐車は、参拝時間内に限ります。
毎月25日は、縁日のため駐車不可です。
・・・近郊の観光スポットご紹介・・・
上七軒歌舞練場 [北野天満宮から約260m ]
平野神社 [北野天満宮から 約320m ]
千本釈迦堂 [北野天満宮から約440m ]
大将軍八神社 [北野天満宮から 約540m ]
千本ゑんま堂 [北野天満宮から 約630m ]
成願寺 [北野天満宮から 約630m ]
わら天神 [北野天満宮から 約650m ]
地蔵院(椿寺) [北野天満宮から約670m ]
釘抜地蔵 [北野天満宮から 約680m ]
上品蓮台寺 [北野天満宮から 約850m ]
真如寺 [北野天満宮から 約910m ]
堂本印象美術館 [北野天満宮から 約930m ]
六請神社 [北野天満宮から 約940m ]
岩上神社 [北野天満宮から 約970m ]
染・四君子工房 [北野天満宮から 約980m ]

京都水族館 夜間特別イルミネーション

京都水族館 夜間特別イルミネーション
開催場所・会場:京都水族館

開催日・期間: 2014/11/21(金)~2015/3/15(日)※期間中開館時間変動あり。
開催平日17:00~土日祝18:00~。最終入館は閉館の1時間前。

夜間特別イルミネーションは17:00~随時点灯。
「ペンギンゾーン」17:00~、「イルカスタジアム」平日17:40~土日祝18:40~、「京の里山ゾーン」17:30~。「イルカスタジアム」にて「イルカ・ナイトパフォーマンス」

20時まで営業!
期間中営業時間を20時まで延長し、3Dプロジェクションマッピングをはじめイルカ・ナイトパフォーマンスや館内各所で夜間特別イルミネーションを開催! 
「ペンギンゾーン」や「イルカスタジアム」が幻想的なブルーの光に包まれ、「京の里山ゾーン」では約11,500個のLEDライトを使った様々な光が織り成す壮大なライトアップを実施。

夜間特別イルミネーションで昼間とは違った特別な空間を楽しむことができる。

入館料:大人2,050円、大学・高校生1,550円、中・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円

電話 075-354-3130 京都水族館

※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。
ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

小豆粥で初春を祝う会

開催日時 2014年1月15日(水)~31日(金)11:00~15:00
開催場所東林院
普段非公開の妙心寺塔頭の東林院で新春に行われる行事です。平安時代の頃から、新春に小豆粥を食べると一年間の邪気を払い、万病を除くと伝えられています。青苔に映える千両・万両の庭、枯山水・蓬莱の庭、東林院では、この風習を今も大切にしており、禅の心を学びながら、新春の風情を味わうことができます。

アクセス
市バス「妙心寺前」下車、徒歩6分
市バス「妙心寺北門前」下車、徒歩10分
JR山陰線「花園駅」下車、徒歩8分
京福電車「妙心寺駅」下車、徒歩12分

料理:3,700円(予約不要)

問い合わせ先
TEL 075-463-1334(東林院)

備考:駐車場なし

城南宮 湯立神楽

城南宮の本殿前で、神楽鈴や扇を手に4人の巫女が「祓神楽」を舞います。舞い終えると、襷(たすき)掛けの巫女が「文政六年癸未」(1823年)の銘を持つ大釜の湯を、笹の葉で勢いよく散らして邪気を祓い、無病息災、願望成就を祈ります。参列は自由で、参拝客には福笹(有料)が授与されます。

開催日時 2013年1月20日14:00~
開催場所 京都市 城南宮 本殿前
料金 観覧無料
主催 城南宮
お問い合わせ先 城南宮 075-623-0846

生誕250年記念展 北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景

2012年1月22日(日)まで
美術館「えき」KYOTO (JR京都伊勢丹 7F)
開館時間:10:00-20:00(最終日は17:00閉館)
入館料:一般 700円/高・大学生 500円/小・中学生 300円
*カード(三越カード持参やICOCA・Suicaでの購入)による割引や団体割引などありますのでお問合せください。
江戸の浮世絵師、葛飾北斎(1760-1849)。90年という生涯のなかで、浮世絵師として活躍した時期はおよそ70年に及びます。本展は、北斎生誕250年を記念し、全作品に富士をあしらった二大連作「冨嶽三十六景」と『富嶽百景』のすべてを紹介。今回「神奈川沖浪裏」をはじめ4点の保存状態が良い秀作が発見され、今までの作品と色や形式の違いを見比べていただけます。また富士を題材にした他浮世絵師の作品も特別展示し、北斎芸術の新たな魅力を紹介します。
ジェイアール京都伊勢丹 (大代表) 075-352-1111

ギオンコーナー 冬の特別公演

弥栄会館
平成23年1月28日(金)・29日(土)・30日(日)
1月~2月の金・土・日・祝 19時~(約1時間)
舞妓の舞をはじめ、狂言や茶道など日本の伝統芸能を鑑賞できる観光スポット、ギオンコーナーで新企画満載のイベントを開催します。もれなく舞妓さんからの千社札のプレゼントや舞妓さんの着物羽織り体験コーナー(若干名)があり、また舞妓さんと一緒に写真撮影もできます。
【演目】
京舞、華道、茶道、琴、雅楽、狂言
【料金】
大人 3,150円
小・中学生 1,900円(京都府下 1,600円)
高・大学生 2,200円
お問合せ先:ギオンコーナー 075-561-1119

「オー!マイキー ロマンス ~オー!マイキー10年の歩み~」展

「オー!マイキー ロマンス ~オー!マイキー10年の歩み~」展
京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー6
2011年2月6日(日)まで
10:00~18:00(入館は午後5時30分まで)
休館日:毎週水曜日
京都国際マンガミュージアムでは、「オー!マイキー」放映10周年を記念した「オー!マイキー ロマンス ~オー!マイキー10年の歩み~」展を開催いたします。
この展示は、京都発の異色のマネキンドラマ「オー!マイキー」の誕生から現在に至るまでを振り返り、映像制作のみならず展覧会やイベント開催に至るまでの経緯、また、海外での活躍などを、パネル展示と映像で楽しく紹介してゆくものです。
さらには撮影用の本物の衣装をまとった最新キャラクターを含む17体のマネキン展示も行います
料金:無料 (ただしミュージアムへの入場料は別途必要です)
お問合先:京都国際マンガミュージアム 075-254-7414

佐賀県立九州陶磁文化館コレクション 海を渡った古伊万里展 ~セラミックロード~

美術館「えき」KYOTO (JR京都伊勢丹 7F)
2011年1月2日(日)~23日(日)[会期中無休]

17世紀大航海時代、長崎・出島から欧州各国へ古伊万里を運んだ航路は、「セラミックロード」と呼ばれていました。白い肌、薄く繊細で、明るく華やかな色絵の古伊万里は、西欧の人々の間でブームとなり、東南アジアへも多数輸出されるなど、全世界に広がりました。本展では、約150点の古伊万里の逸品を公開。大航海時代の雰囲気をそのままに、「セラミックロード」を感じとっていただくことができるでしょう。

開館時間:10:00~20:00(最終日は17:00閉館)
入館締切:各日閉館30分前
入館料:一般 800円/高・大学生 600円/小・中学生 400円
*カード(三越カード持参やICOCA・Suicaでの購入)による割引や団体割引などありますのでお問合せください。
ジェイアール京都伊勢丹 (大代表)075-352-1111

京の旬野菜「時待ち食」キャンペーン電車が発車

販売期間:平成23年3月31日(木)までの週2日(火・木曜日)に実施
嵐電マルシェの特別企画・京の旬野菜「時待ち食」キャンペーンとして、京都市内の旬の地場野菜や加工品等を嵐電ホーム車内にて販売します。
毎週火・木曜日に四条大宮駅で11:30~13:00に営業した後、客を乗せずに嵐山駅まで運行。嵐山駅にて13:30~15:00まで営業。再び四条大宮へ戻って15:30~16:30に営業します。入場券は必要ありません。
<販売場所・時間>
・四条大宮駅2番ホーム 11:30~13:00 15:30~16:30
・嵐山駅3番ホームの停車車両内 13:30~15:00

お問合先:京都市産業観光局農林振興室農業振興整備課 075-222-3352

皇服茶(おうぶくちゃ)

六波羅蜜寺
1月1日(土・祝)~3日(月)
皇服茶授与 9時~17時
平安期、開山の空也上人が、京畿に流行した疫病退散を願って、十一面観音像を造立した時、御仏を車に安置して市中を曳きまわり、青竹を八葉の蓮片に割ってこれで茶をたて、中に梅干と結昆布を入れ仏前に献じた茶をまず天皇に、そして病者にも授け、念仏を唱えられたところ、たちまち病魔が鎮まったという。当山では無病息災の皇服茶として伝承され、今日も正月の三が日には授与されております。
料金 「皇服茶」300円
先着3000名様に稲穂が無料授与されます。
お問合先:六波羅蜜寺075- 561-6980

第31回 京都名流いけばな展

第31回 京都名流いけばな展
JR京都駅新幹線コンコースにて
平成22年1月26日(火)~3月7日(日) 6:00~23:00
※毎週月曜日はいけ替えのためご覧いただけない時間帯があります。

いけばな発祥の地、京都の名流各派の花の匠が、心をこめて生けこんだ作品が冬を華やかに演出し、京の玄関口にてご入洛の方々をお出迎えいたします。

料金 無料(新幹線以外でお越しの方は、駅入場券が必要です)

出瓶期間 流派名
1月26日(火)~31日(日) いけばな京楓流・華道本能寺・小松流
2月2日(火)~ 7日(日) 専慶流・未生流中山文甫会・小原流
2月9日(火)~ 14日(日) 草月流・桑原専慶流・池坊
2月16日(火)~21日(日) 五明流・京都未生流・未生流
2月23日(火)~28日(日) 東山未生流・いけばな京花傳・清水流
3月2日(火)~ 7日(日) 嵯峨御流・香風流・専敬流

お問合先:京都市観光協会 075-752-0227

獣医が行く

京都市動物園
2010年01月24日 (日) 13:30~
動物のお医者さんのお話を聞きながら,園内を散歩してみましょう。
散歩コースは当日の朝に園内に掲示します。
参加費:無料(入園料は別途必要です。)
※雨天の場合は中止
お問合先:075-771-0210

大的大会と楊枝のお加持

通し矢 三十三間堂
2010年1月17日(日) 入場9:00~15:30まで
【大的大会】
江戸時代の「通し矢」にちなむ大会で、全国から二千人が参加し、楊枝のお加持と同日に行なわれます。特に新成人の晴れ着姿での競技は、正月ならではの華やかさで、京都の風物詩のひとつです。無料公開される境内は、終日、賑わいをみせます。
【楊枝のお加持】
インド伝来の修法で、平安時代からの伝統をもつという当院最重の法要です。儀式では聖樹とされる「楊枝・やなぎ」で、観音さまに祈願した法水を参拝者に注いで、諸病を除くというもので、特に頭痛に効くと伝えられます。
駐車場… あり(50台)

THE ハプスブルク

京都国立博物館 特別展示館
平成22年1月6日(水)~3月14日(日)

600年以上にわたりヨーロッパを治め、芸術を愛好したハプスブルク家の栄華をたどる大規模な展覧会。ウィーン美術史美術館とブダペスト国立西洋美術館の選りすぐりの名画と工芸・武具は115件を数え、これまでの日本公開では最高の質と数となります。
とくに明治天皇がフランツ・ヨーゼフ皇帝に贈った100図からなる風俗・物語・花鳥図画帖と蒔絵書棚も、初めて里帰り公開されます。

開館時間:9:30~18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(ただし1月11日は開館しています)
入場料:一般 1500円(その他学生割引・前売り券等あります)

お問合先:京都国立博物館 075-541-1151

初天神 北野天満宮

縁日(毎月25日)の中でも特に1月25日は、初天神と呼ばれ毎年多数の参拝者で賑わいます。
また、この日に限り宝物展の社宝が公開されます。(料金300円)
御祭神菅原道真公の誕生日6月25日、薨去の2月25日に因み毎月25日は御縁日として、終日境内周辺に露店が所狭しと立ち並びます。
露店も例月以上に多く植木・骨董・古着・衣料品などを商う店が新春の縁日の賑わいをみせます。(例年約千数百軒の出店)
一方、1月未は国公立・私立の大学・高校・中学校等の入試を直前に控え、真剣な受験生・父兄等の参拝も多く、合格祈祷を受けたり、絵馬に願い事を託す真摯な姿に、学神である当宮への篤い信仰を如実にみることができます。
お問合先:北野天満宮 075-461-0005

ノリタケデザイン 100年の歴史 

京都文化博物館
2009年1月6日(火)~3月15日(日)
月曜日休館(祝日のときはその翌日)
10時~18時 *毎週金曜日は19時30分まで夜間開室
わが国の洋食器産業の礎を築いた日本陶器合名会社(現:ノリタケカンパニーリミテド)の、華やかで多様な装飾図案と優れた技術から生み出された、100年にわたる精華を紹介します。
本展では、これが初公開となる色鮮やかで美しい画帖を軸に、西洋の華やかな装飾図案と日本の優れた技術から生み出された繊細華麗なテーブルウェアの数々の精華を展観し、ノリタケチャイナの全貌とその魅力を紹介します。
当日券
一般 1000円 、大高生 700円、中小生 400円
前売券あります。
お問合先:京都文化博物館 075-222-0888

「放鷹(ほうよう)術」の実演 

世界遺産二条城 緑の園にて
1月10日(土) (1)11:00~、 (2)14:00~ ※小雨決行
二条城を造営した徳川家康にちなみ、家康が好んだ鷹狩「放鷹術」がNPO法人日本放鷹協会により実演されます。

入城料
一 般 600円( 30名以上団体 500円 )
中高生 350円
小学生 200円 ※ なお、京都市内小中学生は当日入城無料です。
お問合先:元離宮二条城事務所 TEL 075(841)0096

二条城庭園お正月公開

平成21年1月2日(金)~4日(日)
10:00~16:00(受付終了:15:00)
二条城の玄関・東大手門に門松を設置。城内はお琴の音色に包まれ、雅やかな気分で庭園鑑賞やお茶席など、世界遺産・二条城ならではのお正月をお過ごしいただけます。
「展示・収蔵館」では、二条城の重要文化財・二の丸御殿障壁画の中でも有名な「松鷹図」を特別公開します。また、3日、4日には、和太鼓の演奏でにぎわいます。
大人400円
小中高生200円
※和装の方は,期間中入城無料です。
※展示・収蔵館」の入館には,
別途100円(小学生以上)が必要です。
※期間中,御殿内は非公開です。
お問合先:元離宮二条城事務所 TEL 075-841-0096



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト