京都のことならドットコム HOME > 京都のイベント > 2月

京都のイベント

2月

京都マラソン 2017

日程:2017年2月19日(日)
8:55 車いす競技スタート
9:00 マラソン・ペア駅伝スタート
15:00 マラソン・ペア駅伝終了

国内外の市民ランナ-16000人が駆け抜ける。大規模フルマラソン 山紫水明の自然や観光名所を巡る、京都の魅力を満喫出来るコ-スです。
 
マラソンマラソン(42.195㎞)・ペア駅伝(1区27.6㎞、2区14.6㎞)
西京極総合運動公園をスタートし、平安神宮前にフィニッシュするコース
(日本陸上競技連盟、国際陸上競技連盟及びAIMS(国際マラソン・ロードレース協会)公認コース)
※ペア駅伝は府立植物園内を中継点とする。

車いす競技(6.1㎞)
西京極総合運動公園~嵐山


公式Web
http://www.kyoto-marathon.com/

枝垂梅と椿まつり

日程:2016年2月18日(木)~3月21日(月)
神苑・楽水苑では、源氏物語に登場する100余種の草木があり、「春の山エリア」に植栽された150本余りの紅白のしだれ梅は、2月下旬から咲きそろい始め、追って300本もの様々な椿が開花します。神職による案内もあります。
時間:9:00~16:00
料金:拝観料 600円
場所:城南宮
〒612-8459 京都市伏見区中島鳥羽離宮町7番地
アクセス
地下鉄「竹田駅」西口より 市バス南1・2・3「城南宮東口」
問い合わせ先
TEL 075-623-0846

醍醐寺・五大力尊仁王会

日程:2015年2月23日(月)

「五大力さん」の名で親しまれる醍醐寺の五大明王からご利益をいただく行事!!
金堂内部において座主(管長)を大導師として一山の僧侶が出仕し、営み、不動堂前では柴灯護摩が終日焚かれる。金堂前では五大力太鼓の演奏奉納し、巨大な鏡餅を持ち上げて力を奉納する「餅上げ力奉納」が行われる。当日の呼び物「鏡餅上げ力競べ大会」では、金堂前広場にて男女に分かれ
巨大な餅を持ち上げて力比べをします。 参加申込みは当日11:30まで。
男性の鏡餅上げの重さは150キロ、女性は90キロで時間を競い合い、優勝者にはこの大鏡餅が授与されます。また、当日に限り災難除け身代わり霊符「大力尊御影」の授与もあります。
「五大力さん」とは醍醐寺にある五大堂の五菩薩の事で、衆生済度、現世利益 の霊験あらたかだと・・・
雨天決行。
日程:2015年2月23日(月)
場 所: 醍醐寺
時 間: 仁王会:9~17時
鏡餅上げ力競べ大会:12時~参加申込みは当日11:30まで。
アクセス:地下鉄「醍醐駅」下車、徒歩13分
問い合わせ先:TEL 075-571-0002(醍醐寺)
公式Web:http://www.daigoji.or.jp/

北野天満宮の市・天神さん

日時:2012年2月25日 早朝~16時ごろまで

御祭神である菅原道真公の誕生日(6月25日)、薨去の日(2月25日)に因んで、毎月25日に縁日が開かれます。境内周辺では早朝から夕方まで露店が所狭しと立ち並び、参拝者が大勢訪れて賑わっています。
露店の種類は、エリアによって大別されていて、「中央の参道周辺」には食べ物関連の店が多く、たこ焼き・御幣餅・りんご飴などの縁日にお決まりの屋台です。
「参道より東側」には、骨董品や古着物の露店が並び、冷やかし客や値切り交渉の会話が飛び交い、楽しめます!
「本殿寄りの西側」には、植木や盆栽などのお店が集まっています。
境内には、春に「梅苑」、秋に「もみじ苑」として特別公開されるエリアもありますので、季節を感じるお出かけにもおすすめです。また、周辺には、京菓子の「老松」や「長五郎餅」、京豆腐の「とようけ茶屋」や「藤野」などの人気店もありますヨ!

※雨天の場合でも開催されますが、店舗数が少なくなります。
【場所】 北野天満宮
【料金】 無料(「もみじ苑」、「梅苑」への入場は有料)
【アクセス】 市バス「北野天満宮前」より徒歩すぐ
【問い合わせ】 北野天満宮 :075-461-0005

東寺 弘法市

毎月21日に東寺の境内で開催される「弘法市」は全国からファンが訪れる京都屈指の市です!骨董や古着のほか、ユニークなオリジナル商品を販売する店舗も多く、一日いても見飽きない楽しい市です!!
東寺(教王護国寺)
日時 2013/2/21(木) 8:00~16:00
住所 京都市南区九条1
交通 ■JR西日本(東海)・近鉄/京都駅から 新幹線沿いに西へ徒歩15分
■近鉄「東寺」駅から1号線沿いに西へ徒歩5分
■市バス「東寺東門」下車 すぐ もしくは「九条大宮」下車 徒歩3分
※ただし弘法さん開催日はバスの運行を見合わせていることがあります。
駐車場 なし  ※当日は公共の交通機関をご利用ください。
料金 境内無料
東寺の拝観料
五重塔・金堂・講堂…大人〈大学生以上〉800円 高校生700円 中学生以下500円
宝物館…大人500円 中学生以下300円
お問合せ先 東寺出店運営委員会 0774-31-5550
ホームページ 東寺出店運営委員会 http://www.touji-ennichi.com/
東寺 http://www.toji.or.jp/

ホノルル美術館所蔵 北斎展 -葛飾北斎生誕250周年記念-

京都文化博物館
2012年2月1日(水)-3月25日(日)
前期:2月1日(水)-2月26日(日)
後期:2月28日(火)-3月25日(日)
※前期・後期で作品は全て入れ替わります。

月曜日休館
10時-18時 *毎週金曜日は19時30分まで夜間開室しています。
(入室はそれぞれ30分前まで)

料金:1,000円(一般)、700円(高大生)、400円(小中生)
前売り・団体券もあります。

北斎生誕250周年を記念して、初期から晩年にかけての画業を概観するとともに、六種の「揃物」を紹介する画期的な展覧会です。
本展は、二章で構成されます。第1章では、デビュー当時の「春朗」時代の作品から最晩年の「地方測量之図」までを年代別に展観して北斎の画業を概観します。第2章では、北斎の代表作「冨嶽三十六景(44図)」をはじめ、「諸国名橋奇覧(全11図)」、「諸国瀧廻り(全8図)」、「琉球八景(全8図)」、「詩哥写真鏡(全10図)」、「百人一首姥か絵説(全27図)」といった6種の揃物を紹介します。

お問合先:京都文化博物館TEL 075-222-0888

京菓子資料館 平成二十三年企画展「花と菓子~春の京菓子解説展~」

俵屋吉富 京菓子資料館
2011/2/24(木)~6/12(日) 10:00~17:00
展覧会は入場無料
お茶席…お一人700円(お抹茶と京菓子)
※リーフレット提示にて、5名様まで500円にて承ります。
休館日…毎週水曜日
和菓子が確立・発展した近世~近代と、現代とでは生活スタイルがかけ離れてしまい、意匠や菓銘、その意味についての伝承が途絶えつつある。
京菓子資料館を運営する俵屋吉富では、詳しい和菓子の説明を求められることが多くなっており、また和菓子についてもっと知りたいといった要望も多く寄せられている。
この展覧会では、梅や桜、躑躅(つつじ)といった春の菓子、特に花のデザインを中心に、その材料・製法・意匠などの歴史的な変化や意味を、材料・製法書・菓子と同様の意匠を用いた工芸品とともに詳しく解説する。
また期間中は展示紹介している菓子を季節ごとに、一階茶席「祥雲軒」でいただくこともできる。
和菓子を知り、身近に感じられる展覧会。

お問合先:俵屋吉富 烏丸店 075-432-3101

花の回廊-早春の草花展-

2011年2月18日(金)~2011年3月21日(月・祝)
京都府立植物園北山門広場特設会場

同展示会開催時間:10:00から16:00まで
※開園時間9:00から17:00まで(但し入園は16:00まで)

同展示会の観覧料は無料ですが、入園料が必要です。
入園料:一般200円、高校生150円、小中学生80円
※60歳以上の方(氏名及び生年月日(年齢)が明記された身分を証するもの又は当植物園が交付する60歳以上入園券の提示が必要)、障害者手帳所持の方は入園料無料。

植物園に春がやってきた!ここだけは小さな春です。総延長約100mの『花の回廊』に色鮮やかな早春の草花を集中展示。その数、期間中延べ約150種400品種20,000株。この時期これほど多くの早春の草花を御覧いただけるのはここだけです。
華やぐ会場内は花の甘い香りと明るい雰囲気でいっぱい!!毎年大好評の展示会です。モノトーンの冬の景色の中、園内では一足早い春の足音が聞こえてくるようです。

お問合先:京都府立植物園 075-701-0141

COMES MART ~寺田順三展~

美術館「えき」KYOTO (JR京都伊勢丹 7F)
2月3日(木)~20日(日)[会期中無休]

レトロな雰囲気の画風や個性的なキャラクターたちを描く寺田順三氏。
ヨーロピアンなエッセンスとアンティークの質感で、独自のスタイルを築き、広告デザインや本の装丁、絵本創作を手がけるほか、他分野とのコラボレーションも積極的に行い、雑貨やぬいぐるみ・アニメーション制作など数多くの作品を発表しています。本展では、イラストレーターとして30周年を迎えた氏の絵本や雑貨などを一堂に集め、子どもから大人まで惹きつける魅力溢れる世界をご紹介。さらに本展に合わせて、新作絵本も書き下ろしされます。

入館締切:各日閉館30分前<最終日:17:00閉館>
入館料:一般 700円/高・大学生 500円/小・中学生 300円
*カード(三越カード持参やICOCA・Suicaでの購入)による割引や団体割引などありますのでお問合せください。

サイン会は2月6日(日)13:30~
参加方法は、当日(10:00~)会場にて展覧会図録をお買い上げのお客さま、先着100名さまに参加券をお渡しいたします。参加券はおひとりさま1枚に限らせていただきます。

お問合先:ジェイアール京都伊勢丹 (大代表) 075-352-1111

雅(みやび)の意匠~かぐやの婚礼調度と雛道具~

雅(みやび)の意匠~かぐやの婚礼調度と雛道具~
細見美術館
2010年2月20日(土)~4月11日(日) 10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)
古来、人々の暮らしを豊かに彩ってきた漆器。中でも蒔絵の調度は華やかな装飾性と確かな実用性を兼ね備えた道具でした。
本展では、京都で350年にわたり蒔絵制作に携わってきた老舗、象彦の協力により、高雅な蒔絵による「かぐやの婚礼調度」、また雛の季節に因み、雛道具を中心とした蒔絵の魅力を紹介します。雛の座敷にふさわしい屏風や掛軸など、京の春を寿ぐかざりの数々も展示いたします。
入館料:一般1000円 学生800円
※団体割引あります。
お問合せ先:細見美術館 075-752-5555

花の回廊 早春の草花展

京都府立植物園 北山門広場特設会場
平成22年2月19日(金)~3月22日(月・祝日)10:00~16:00
観覧無料(但し、入園料は必要です)
延長約100メートルの展示会場に、ハナナやストック、プリムラ、マーガレットなど約200品種20,000株の春らしい草花がいっぱいに飾られます。この時期に、これほど多くの鮮やかな草花を御覧いただけるのは、この「花の回廊」だけです。まるで一足早い春がやってきたような展示会場内の回廊を歩けば、花の彩りと芳香に優しく包まれます。当植物園が特にオススメの展示会です。ぜひお越しください。
お問合先:京都府立植物園 075-701-0141

寅市-TORAICHI-

アーティスティックハンドメイドクラフトマーケット
建仁寺 両足院内 毘沙門天堂
2010年2月14日(日)10:00~16:00
ただ単に手作りの品を持ち合い、販売する場ではありません。そのため、寅市では、「出店」ではなく「出展」としています。寅市は、伝統工芸職人や新進作家による手づくりの作品を出展して頂く場として開催します。寅市は、職人、作家を育成し、その活動の場を多方面に広げるお手伝いをいたします。
2010年より寅市は毎月第2日曜日開催です。
出展募集いたしております。
お問合先:TEL 075-561-3216

針供養 法輪寺

2010年2月8日(月) 11:00~13:00
法輪寺針供養は、皇室で使用された針をご供養せよとの天皇の命により始まったといわれています。現在でも毎年12月の針供養の際には皇室からお預かりしました針のご供養をしております。
針供養当日の法要の際、ご供養にこられた方には蒟蒻に大針をお刺し頂いております。これは、これまで一所懸命働いてくれた針を蒟蒻にさして休んでもらおうということであります。
ご使用済みの針は、法要の執り行われる当日にお持ち下さい。それ以外の日にお預かりすることは出来ませんのでご了承下さい。なお、当日以外にお持ちになられる場合、個別のご供養となります。
お問合先:075-862-0013

京の朝市

2月21日(土)~22日(日) 9:30~16:30
平安神宮・岡崎公園
市内屈指の文化観光ゾーンである岡崎公園と平安神宮で催される、賑わいの朝市です。
京の名産品が一堂に集い、小京都と呼ばれているまちからも多数出品されて、バリエーションがとても豊かです。
また、「南京玉簾」や「ガマの油売り」などの大道芸や「蹴鞠」の奉納があり、時代祭行列の「牛車」が特別展示されます。
お問合せ先 京都市観光協会 075-752-0227

初午大根焚き法要

2月11日(水)~15日(日)予定 
三千院 金色不動堂前広場 8:30~
三千院では、ご参拝の皆様に幸先のよい年をおくっていただければと祈念し、毎年二月の初午にあわせ「幸せを呼ぶ大根焚き」を奥の院金色不動堂前広場において盛大に行われます。
大根は大原の畑で有機農法栽培されたものです。大原の里人たちが真心を込めて育てられたこの純白の大根は何色にも染めやすく、味付けも沁みやすいことで有名です。
厳冬の大原の里で、特別祈祷のあつあつの大根を味わっていただき、お参りの皆さん共々、無病息災、開運招福をお祈りしましょう。
なお「三千院の初午大根焚き」は、出世金色不動明王のご加護とご利益をいただけるよう、特別祈祷をしております。
お問合せ先 TEL:075-744-2531



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト