京都のことならドットコム HOME > 京都のイベント > 11月

京都のイベント

11月

瑠璃光院 秋の特別拝観

紅葉が美しい秋の八瀬。
数寄屋造りの建物を囲む「瑠璃の庭」「臥龍の庭」「山露地の庭」それぞれ趣の異なる三つの庭園、三条実美公命名の茶室「喜鶴亭」のほか、八瀬名物「かま風呂」等を鑑賞できます。

日程:2017年10月1日(日)~12月10日(日)
時間:10:00~16:30(閉門17:00)
11/11~12/3の間は9:00~18:30に延長されます。
料金:一般 2,000円
中高生(大学生は学生証提示) 1,000円
小学生以下 無料
場所:瑠璃光院

アクセス
叡山電鉄「八瀬比叡山口駅」下車、徒歩5分
比叡山ケーブル「八瀬駅」下車、徒歩5分
京都バス「八瀬駅前」下車、徒歩7分
問い合わせ先:075-781-4001
公式Web:http://rurikoin.komyoji.com/

醍醐寺の紅葉

醍醐寺の紅葉

紅葉見頃の時期:11月中旬~11月下旬
営業時間:9:00~17:00(受付終了16:30)
12月第1日曜翌日~2月末日は9:00~16:00(受付終了15:30)
料金:拝観料 大人:500円、小人:200円


醍醐寺の紅葉のライトアップ

下醍醐周辺はライトアップされるので、湖に映える紅葉が素晴らしく、幻想的ですよ。
境内は、上醍醐、下醍醐、三宝院に分かれており、特に下醍醐エリアは、仁王門から続くもみじのトンネルがとても美しいですよ!

期間:2016年11月18日~12月4日
時間:18:00~20:50(受付終了 20:10)
料金:一般:1000円

京都市伏見区醍醐東大路町22
問い合わせ先:075-571-0002

電車の場合
地下鉄 醍醐駅下車 徒歩10分

バスの場合
京阪バス 醍醐三宝院下車すぐ

車の場合
名神高速道路京都東インターより下車、五条方面に向かって奈良街道に入り、醍醐方面へ約20分
阪神高速道路8号京都線山科出口より、新十条通りを直進。山科区役所前交差点を右折し、外環状線を醍醐方面へ約20分

東福寺 看楓特別拝観

期間: 2015年11月1日(日)~12月6日(日)
8:30~16:30(受付終了16:00)

通常より早い時間から通天橋と普門院庭園の拝観ができる東福寺の「看楓特別拝観」。
楓は宋国原産の葉先が3つに分かれた“三葉楓”というたいへん珍しいもので、“秋のすゑ”“洛陽の奇観”として知られ、国指定名勝となった「東福寺本坊庭園」も拝観でき、さらに龍吟庵の作庭家・重森三玲の庭園も特別公開されます。方丈の東西南北に四庭がめぐらされているのは東福寺本坊庭園のみです。通天橋からの色づいた紅葉の景観は見逃せない美しさですよ!
拝観料 通天橋・開山堂400円、本丈庭園400円、龍吟庵500円

また、第22回東福寺~泉涌寺 窯元もみじまつり・窯元大陶器市も開催
日程 2015年11月21日(土)~29日(日)9:00~16:00

紅葉の名所として名高い東福寺から泉涌寺の間には約30の窯元があり、大正初期から約百年にわたって京焼・清水焼一筋に作陶しています。紅葉の美しい季節、窯元大陶器市が開催され市価よりお得な価格でお気に入りの陶器を手に入れることができます。土・日曜は京焼・清水焼がもらえるスタンプラリーや振る舞い餅、体験イベントもあります。
場所 東福寺~泉涌寺エリア
電話 075-531-5678(青窯会会館、11:00~16:00 土日祝休)

鷹峯(源光庵)紅葉

1346年(貞和2)大徳寺2代徹翁義享国師によって開創。1694年(元禄7)卍山道白禅師により臨済宗から曹洞宗に改められた。現在の本堂はその年の建築。光悦寺にもほど近い源光庵は、庭にある見事なカエデで有名です。本堂には丸い「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」があり、それぞれに仏意がこめられています。丸い窓は、何事にもとらわれないおおらかな気持ちを「禅と円通」の心で表し、四角い窓は、生きることや病、死ぬことなど日々のさまざまな苦しみの「人間の生涯」を表しています。紅葉の頃となると、その窓から景色を眺めたいという人々が多く訪れ、本堂の天井は伏見城の遺構で、落城の悲劇を伝える血天井が残されている。

2014年見ごろ予想11月中旬~

住所 京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
お問合せ 075-492-1858

*交通案内:市バス 鷹峰源光庵前下車徒歩約1分
*車椅子による見学 不可
*拝観・開館時間 9:00~17:00
*見学所要時間 約20分
*休日・休館 法要行事のあるときは拝観中止の時間あります。
*料金        
大人   400円   500円(11月1日~11月30日)
大学生 400円   500円(11月1日~11月30日)
高校生 400円   500円(11月1日~11月30日)
中学生 400円   500円(11月1日~11月30日)
小人   200円   200円(11月1日~11月30日)
予約は、団体参観に限り予約要です。
*11月は団体をお断りする場合があります。
備考: H26年11月1日~12月7日の駐車場のご利用はできません。

善峯寺

善峯寺
京都府 京都市西京区大原野小塩町1372

3万坪の境内と向かいの山全体が赤や黄色に染まります。京都市内とはまた違った山寺ならではの紅葉が楽しめます。
今年の見ごろ予想11月中旬~12月上旬
樹木の種類は、ノムラモミジ,ヤマモミジ

公共機関・アクセス:JR東海道本線向日町駅
料金:大人 \500/子供 \200

夜間鑑賞:不可

駐車場:有(\500/1日,150台)

嵐山もみじ祭

2011年11月13日(日)  
雨天中止
※船上芸能披露は10:30~、13:40~
天下の名勝と謳われる嵐山、小倉山のもみじの美しさをたたえ、あたり一帯を守護する嵐山蔵王権現に感謝する行事です。
大堰川に風雅な船を浮かべ、船上で箏曲や平安管弦などが演奏されます。また舞台での狂言上演や、島原太夫による野点茶会など、多数のイベントが催されます。紅葉を眺めつつ、古の雰囲気とともにさまざまな体験ができるイベント。
散策無料
お問合せ先:嵐山保勝会 075-861-0012

誕生100年記念 ローズオニールキューピー展

美術館「えき」KYOTO (JR京都伊勢丹 7F)
2010年11月27日(土)~12月26日(日) 会期中無休
10:00~20:00(最終日は17:00まで)

1909年12月にアメリカの婦人雑誌で誕生したキューピーは、2009年12月に100歳の誕生日を迎えました。アメリカの女性アーティスト、ローズオニールによって描かれたキューピーの物語は愛らしい絵と温かなストーリーでアメリカ人の心を包み込みました。1912年には人形が作られ、世界的大ブームとなり、食器、時計、おもちゃなどあらゆるものにキューピーが登場し、その人気は、日本にまで広がりました。本展は、原画、人形、クリスマスカード、広告ポスターから現在ブームとなっているキュージョンまで、約400点を展覧。キューピーの心温まる100年にわたる物語をお楽しみください。

入館料:一般 700円/高・大学生 500円/小・中学生 300円
*カード(三越カード持参やICOCA・Suicaでの購入)による割引や団体割引などありますのでお問合せください。
ジェイアール京都伊勢丹 (大代表) 075-352-1111

平成22年度旧七夕会池坊全国華道展

11月10日(水)~15日(月) 会場:京都高島屋グランドホール
10:00~20:00
11月12日(金)~15日(月) 会場:池坊(烏丸・六角)家元道場
9:00~17:00 

平安時代以降、宮廷では七夕の日に様々な行事が催され、花を立てたのもその一つでした。江戸初期には後水尾天皇が宮中で大立花会を開催、その指導のために三十二世池坊専好が召されました。その後、天皇より池坊で“七夕立花会”を催す許しをいただき、花会は京洛の年中行事のひとつに。開催を秋に変えた今日も、伝統は脈々と受け継がれ、その時々に息づく池坊いけばなを創造し、発表する場でありつづけています。

料金 900円(2会場共通)

お問合先:財団法人池坊華道会 TEL 075(231)4922

知恩院ライトアップ2010

東山三十六峰の山麓に堂々たる姿を佇ませる国宝御影堂を中心に、国宝三門や、友禅染ゆかりの宮崎友禅翁が祀られている友禅苑、京都市指定名勝庭園の方丈庭園が織りなす華麗で優雅な世界を照らし出します。

場所:三門、御影堂、友禅苑、方丈庭園 (三門はライトアップのみ)
料金:大人800円、小人400円
お問合せ:075-531-2157

ボルケーゼ美術館展 2009

京都国立近代美術館
12月27日(日)まで
イタリア、ローマ市北東部の広大なボルゲーゼ公園に位置するボルゲーゼ美術館は、名門貴族であったボルゲーゼ家歴代のコレクションで知られており、世界に名だたるルネサンス・バロック美術の宝庫と言われています。
本展は、その珠玉のコレクションから選ばれた、ラファエロやボッティチェリといったルネサンスを代表する巨匠をはじめ、バロック絵画の先駆けであり、「最初の近代画家」とも言われるカラヴァッジョ、そしてジャン・ロレンツォ・ベルニーニら、文字どおりイタリア美術の最盛期を概観できる内容となっています。
開館時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
入場料1,400円(前売券あります)

お問合先:京都国立近代美術館075-761-4111

かにかくに祭 2009

11月8日(日) 11:00~14:00
祇園白川橋畔
「かにかくに祇園はこいし寝るときも枕の下を水のながるる」と刻まれた歌碑の前で、祇園をこよなく愛した明治の歌人・吉井勇を偲ぶ集いです。
毎年彼を偲んで、芸妓、舞妓が集まって菊の花を手向けるのが、「かにかくに祭」です。
身近で芸妓や舞妓を見られる機会は滅多にないため、カメラを片手に見物客が大勢集まります。
今年でちょうど50年です。

お問合先:祇園甲部組合 TEL 075-561-1115

献茶祭 北野天満宮

2008年12月1日(月)10:00~
この献茶祭は在洛の4家元2宗匠(薮内・表千家・裏千家・武者小路千家・堀内・久田)が輪番で6年目ごとに奉仕、神前にて献茶式を行います。
当日は、拝服席、境内の明月舎・松向軒の茶室、社務所等をはじめ、上七軒の歌舞練場・西方寺で副席が設けられる予定です。
また絵馬所では和菓子の協賛席が設けられ各地からの多くの参拝者で賑わいます。
当日券は、午前9時から受付
そば席券・宝物・献茶祭拝観券等を含む・・但し、枚数に限りあり
お問合先:075-461-0005

京都市美術館コレクション展 第3期 ふたつで一つ

11月15日(土)~1月18日(日)
京都市美術館にて
9:00~17:00(入場は16:30まで)

休館日:月曜日(祝日の場合は開館)及び年末年始(12月28日〜1月2日)

掛軸の双幅、屏風の一双のように、美術作品の形状には、二つで一揃いとなるものが、少なくない。美術の形式や表現の中から「対」の仕組みを見つけ出し、その意味を探る。富岡鉄斎、北野恒富、(五代)清水六兵衞、やなぎみわ、堀内正和らの作品を展示。

一般400円、高大生400円、小中生200円
団体料金割引あります。
(京都市内在住の70歳以上の方(敬老乗車証等で確認)・障害者手帳等提示の方は無料、京都市内小中高校生等は無料)

お問合先:075-771-4107

清水寺秋の夜間特別拝観

観音慈悲光あふれる境内。
紅葉谷から錦雲渓にかけて清水寺全山を彩る紅葉の見事さは、堂塔伽藍の美と調和し壮麗な煌彩を放ち、まさに観音さまの普陀洛浄土の相を彷彿させます。

拝観料:大人400円 小・中学生200円
駐車場 無
※近くに京都市清水坂観光駐車場有(有料)
お問合せ先:清水寺 075‐551‐1234

知恩院ライトアップ2008

11月8日(土)~11月30日(日)
17:30~21:00 (受付終了)
場所:三門、御影堂、友禅苑、方丈庭園 (三門はライトアップのみ)
東山三十六峰の山麓に堂々たる姿を佇ませる国宝御影堂を中心に、国宝三門や、友禅染ゆかりの宮崎友禅翁が祀られている友禅苑、京都市指定名勝庭園の方丈庭園が織りなす華麗で優雅な世界を照らし出します。
料金:大人800円、小人400円
お問合せ:075-531-2157



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト