京都のことならドットコム HOME > 京都のイベント > 5月 > 稲垣仲静・稔次郎兄弟展

京都のイベント

稲垣仲静・稔次郎兄弟展

京都国立近代美術館 
平成22年5月18日(火)~6月27日(日)
休館日 毎週月曜日
京都市立絵画専門学校在学中に第2回国画創作協会展へ《猫》を出品して画壇の注目を浴び、克明な自然描写の中に官能性や凄みを表現する画家として将来を期待されながら、25歳の若さで亡くなった稲垣仲静(1897–1922)。その仲静の弟で、染色作家として名をなし、昭和37(1962)年型絵染の人間国宝に認定された稲垣稔次郎(1902–1963)。二人の父は日本画家であり、かつまた、工芸図案家でもあった稲垣竹埠(ちくう)で、兄弟が、それぞれの道を継ぐような形となりましたが、その根幹に共通するものは、身の回りの自然を凝視し、形態化しようとする強い意志でした。弟は早逝した兄を終生尊敬し、ことある毎に、「兄貴と二人展をしたい。兄貴には負けへんで。」と言っていたといいます。
料金 一般 700円
大学生 450円
高校生以下 無料
お問合先:京都国立近代美術館 075-761-4111



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト