京都のことならドットコム HOME > 京都のイベント > 6月 > 中国の小さなやきもの-美は掌中(しょうちゅう)に在り-

京都のイベント

中国の小さなやきもの-美は掌中(しょうちゅう)に在り-

細見美術館
2010年6月5日(土)~7月25日(日)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
毎週月曜日(祝日の場合、翌火曜日)休館
中国では、世界で最も進んだ技術と優れた造形性によって、多くの美しい陶磁器が生み出されました。その製品には、秦・始皇帝の兵馬俑のように2メートル近い大形品(=マクロ)がある一方で、数センチほどの小作品(=ミクロ)も少なくありません。中には、指の先ほどの超小形品まで見られます。
このようにマクロとミクロが共存する中国陶磁器の中から、本展ではミクロの部分に注目し、「小形の製品=手のひらにのるような小さなやきもの」を紹介していきます。また、様々な目的で作られた作品を通して、紀元前4000年頃の新石器時代から100年程前の清時代末期までの約6000年間にわたる中国陶磁の歴史を概観する内容にもなっています。
小さなやきものを通じて、中国陶磁の悠久の歴史に触れるとともに、そのマニアックな美の世界をお楽しみください。
入館料:一般1000円 学生800円
お問合先:細見美術館 075-752-5555



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト