京都のことならドットコム HOME > 京都のイベント > 8月 > 五山の送り火 2010

京都のイベント

五山の送り火 2010

8月16日夜、夏の夜空にくっきりと浮かび上がる、「五山の送り火」は、祇園祭と並び京都の夏を彩る風物詩として全国的にも有名です。
「五山の送り火」は東山如意ヶ嶽の「大文字」がもっともよく知られ、ほかに松ヶ崎西山・東山の「妙・法」、西賀茂船山の「船形」、金閣寺付近大北山(大文字山)の「左大文字」及び嵯峨仙翁寺山(万灯籠山・曼荼羅山)の「鳥居形」の五つを指します。
(以前には「い」(市原野)、「一」(鳴滝)、「竹の先に鈴」(西山)、「蛇」(北嵯峨)、「長刀」(観音寺村)なども点火されていましたが、早く途絶えたといわれています。)
点火時刻<よく見えるところ>
大文字・・・午後8時<賀茂川(鴨川)堤防>
松ヶ崎妙法・・・午後8時10分
妙<北山通(ノートルダム女学院附近)>
法<高野川堤防(高野橋北)>
船形万燈籠・・・午後8時15分<北山通(北山大橋から北西)>
左大文字・・・午後8時15分<西大路通(西院~金閣寺)>
鳥居形松明・・・午後8時20分<松尾橋・広沢の池など>
(雨天、強風等の気象条件により時間が前後することがありますが、概ね各山とも上記時刻から約30間灯される予定です)



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト