京都のことならドットコム HOME > 京都のイベント > 6月 > 第66回 春の院展

京都のイベント

第66回 春の院展

昭和20年から小品展の名で開催、第25回から「春の院展」と改め、本年で66回を迎える展覧会である。本展では、松尾敏男など同人作家の作品33点をはじめ、招待作家、受賞者の作品に関西在住作家の入選作品をあわせ、総計144点を一堂に展覧する。
なお、本展を主催する日本美術院は、近代日本美術の先覚者であり、東京美術学校(現・東京藝術大学)の創設者として知られる岡倉天心らによって、明治31年(1898年)に創設された。
一時中断したものの、天心の没後、大正3年(1914年)に、横山大観らが中心となって再興し、以来創設の精神を受け継いで、近代日本画壇の発展に輝かしい足跡を残し、今日に至っている。
全国を巡回しているこの「春の院展」は関西では京都髙島屋のみの開催
京都高島屋7階グランドホール
6月2日(木)~6月13日(月) 
10:00~20:00(入場は閉場30分前まで。最終日は17:00閉場)

料金:一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
団体10名様以上の割引あり

お問合せ先:京都髙島屋075-221-8811(大代表)



京都のイベント
京都のことならSNS
京都 桂視力回復センター



京都のことならドットコム携帯サイト